除菌対策次亜塩素酸水SPウォーター1000の

▼お求め・お問い合わせはこちら▼

除菌対策次亜塩素酸水SPウォーター1000とは

SPウォーター1000は、独自の製法により、次亜塩素酸水溶液を弱酸性に調整しています。
次亜塩素酸ナトリウムとの違いは、溶液中での存在状態に違いがあります。

次亜塩素酸ナトリウムは、pHが強いアルカリ性なので
成分の多くは次亜塩素酸イオン(OCI-)の型で存在しています。
一方でSPウォーター1000は次亜塩素酸(HCIO)の形がより多く存在しています。
次亜塩素酸(HCIO)は次亜塩素酸イオン(OCI-)の殺菌力の80倍といわれ、
次亜塩素酸の方が大きな効果を示しています。

食品や調理器具の消毒剤として使用する際には、
次亜塩素酸ナトリウムであれば100ppm以上の濃度が必要となるのに対し、
SPウォーター1000では10~50ppm(100~20倍希釈)という低濃度で
ほぼ同等の効果がみられると言われています。

除菌対策次亜塩素酸水SPウォーター1000の

▼お求め・お問い合わせはこちら▼

除菌対策次亜塩素酸水SPウォーター1000は

こんな風に使ってください

除菌対策次亜塩素酸水SPウォーター1000の

▼お求め・お問い合わせはこちら▼

除菌対策次亜塩素酸水SPウォーター1000を

お選びいただく5つの理由

除菌対策次亜塩素酸水SPウォーター1000の

▼お求め・お問い合わせはこちら▼